岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

どうかお察し下さい

2016年02月21日

若い女性の患者さんから聞いた話です。
彼女が久しぶりに髪をショートにしてみようと思い立ち、今回が2回目ぐらいのまだ慣れていない美容院を訪れ(男性の美容師さんでした)、しばらくして終わった時に鏡の中にいたのは・・・
まさかの和田アキ子の髪型をした自分だったそうです。
思わず彼女の瞳から涙が流れ落ちると、
「やり直します」
と美容師さんが自ら申し出てくれ、もう1度カットし直してくれることになりました。
そして今度こそ無事イメージ通りの髪型になり涙も乾いてニッコリ、しかもおそらくは泣かせちゃったおわびに(その娘は「あの美容師さん、ウチに気があるんだと思う」と推測していましたが)料金まで少しサービスしてくれたので反射的に「ヤッター!」とガッツポーズしてしまったそうです・・・めでたしめでたし。
しかしこのエピソード、とても教訓に富む話ではないでしょうか?
というのも女性の場合はよく分からないのですが、男性の場合は散髪の最後に合わせ鏡で
「これでよろしいですか?」
と終了のお知らせをされてしまったけどなんか違う!って時に、この期に及んで
「よろしくないっ!」
と伝えられるのか?という問題が永遠のテーマとして存在していました。
もちろん普通の日本人的感覚であれば今さら注文など付けられるはずがなく、かつてはクレヨンしんちゃんの”何かを訴える子どもの眼差し攻撃”を試みたこともありましたが、

何かを訴える眼差し攻撃

なお本家はこんなやつですね・・・
「ハイ、お疲れ様でした~」
であえなく終了となるのがオチでした。
なのでこのテーマで苦しんできた同志にとって、彼女が教えてくれたやり方はきっと希望の光となるに違いありません。
これまで泣かないで泣き寝入りしていた同志の皆さん(ややこしいですね)、これからは思いっきり泣いて泣き寝入りからは卒業しましょう。
前髪がちょっと長いと感じていてもその時には言い出せず、家に帰って唇をかみしめながら自分で前髪を切っているそこの君(妙に具体的ですね)、加齢のため近頃すっかり涙もろくなってしまったのを逆手に取ってフル活用するチャンス到来です!
ちなみにその後
「ショート似合ってますか?」
と余程その髪型が気に入ったのかその娘に訊かれましたが、改めてその髪を見て最初はこれが和田アキ子だったんだな~と思い返し、それを想像すると笑いがこみ上げてきて我慢するのに一苦労でした。
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ