岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

舌打ち

2016年10月01日

最近の電車の冷房は夏に比べると抑え気味ですが、まだまだ夏並みの気温の日がたまにあるので、そんな時は車内が暑くてたまったものではありません。
ただ先日、電車で「暑い」ではなく「熱い」体験をしたので報告したいと思います。
その日ぼくは朝早く特急電車に乗り、窓側の席に座るとシートを全力で倒したのですが、どうやら後部座席にいたのは舌打ちの現役世界チャンピオンだったらしく、
チィッ!!!
と見事なまでの舌打ちが車内に鳴り響いたので驚いてしまいました。
それから後ろの彼はガサゴソと必要以上に大きな音を立てて動き始め、その音や振動などから察するに前の背もたれのテーブルにパソコンを置いて作業をしていたのをやめ、窓側から通路側に移動してパソコン作業を再開したようでした。
チィッ!!!
その後も見事な舌打ちが嫌味のように聞こえてきて鬱陶しかったので、意を決してその音の方に顔を向けてみると・・・
どうやら思った以上にシートを倒していたらしく、背もたれと背もたれのすき間からちょうど彼のギョロッとした片目が見え、おそらくこちらの片目とバッチリ合ってしまっていました。
こちらは首を90度以上曲げてかなり無理な態勢で、一方相手もしなければならないはずの作業をわざわざ中断して、片目と片目でにらみ合いながらバチバチと熱い火花を散らし、10分程経って乗務員さんが乗車券の確認に来るまではまさに一触即発の状態でした。
昔の電車であれば乗務員さんは改札鋏(かいさつばさみ)を持っていたので、できればそれを拝借して閻魔大王よろしくその耳触りな舌を引っこ抜いてやりたいところでしたが、最近の乗務員さんはそんな物騒なものは使っていないため残念ながら断念した次第です。
というわけでこんなトラブルもあるのであれば、シートを倒す時には両方ともまとめて倒しちゃうという人がいますが、案外それが正解なのかもしれません。
ぼくの友人に基本的に電車のシートは両方倒すEという男がいますが、普段からやり慣れている人は一瞬で両方とも倒してしまうので、その卓越した技量には圧倒されるばかりです。
Eは新幹線の3席シートでも全て一瞬で倒してしまうテクニシャンなのですが、実際は後ろの人間からすると迷惑以外の何者でもありませんね。
後ろに迷惑をかけるといえば、ライブで前の人が立つと困ってしまうという人も多いと思いますが、最近のライブでは基本が立ったりジャンプは当たり前で、ちょっと前に若者から教えてもらった話だと、ロックのライブではダイブといって立っている観客の上をハイになった観客が転がったりすることもあるのだとか。
自分の上を人が転がっていくなんて、想像するだけで思わずゾッとしてしまいますが・・・、
おっと想像の中のライブが始まったようです!
手元のパンフレットによると、本日のアーティストは日本が世界に誇るボイスパーカッショニストとのことですが・・・、
チィッ!!!チィッ!!!チィッ!!!・・・
なんと例の舌打ち野郎ではありませんか!
まさかの舌打ちアコースティックライブでしたが、これなら多分ダイブする人はいなさそうです、というわけでホッ。
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ