岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

夏の終わり’17

2017年08月31日

以前から疑問で仕方のない言葉がいくつかあるのですが、今回は2つだけ発表させてもらうとまず最初は「写メ」になります。
元々は携帯電話で写真を送る「写メール」のことを「写メ」と呼んでいたはずなのに、今では携帯やスマホで単に写真を撮るだけのことを「写メ」と呼ぶ人には違和感を抱かずにはいられません。
そして残るもう1つは「クーラー」で、昔は冷房機能しかないクーラーしかありませんでしたが、今や暖房機能もついた「エアコン」が一般的になってしまっています。
にもかかわらずエアコンの冷房機能を使うことを「クーラーを使う」と表現する人がいて、しかも若い人の中にも結構そういう人がいるのは、おそらくはその一族内における文化の伝承によるものと推察されます。
昔のクーラーは今のエアコンに比べると気軽に使うことは許されなかったので、少年時代の夏休みにはどうやって暑さを凌ぐのかが極めて重要なテーマでした。
当時の岡山ではコンビニも数が少なかったため、仕方なく友人と近所のスーパーをハシゴして頻繁に出入りしていました。
なので今こうして振り返ってみると、万引き要注意人物としてマークされていても不思議ではなかったと思います。
それと比較して今の若者が恵まれているな~と感じるのは、イオンなどのショッピングモールには自由にくつろげるスペースがふんだんに配置されているからです。
どんなに夏が暑かろうが、快適な冷房の中でイスに座り、タダで好きなことをして過ごすことができるなんて、羨ましいことこの上ありません。
それは当院のすぐ近くにあるアリオ倉敷のフードコートでもしかりで、この夏の時期には一気に人の数が増え、学生さんと思われる若者が勉強したりダベったりしているのをよく見かけます。
ただそこはあくまでもフードコートの席=飲食をするための席なので、飲食を全くしないのに長時間にわたって若者が占領し、結果として本来の目的のためにそこを使いたい人が座る場所がなくなっては本末転倒です。
ということでアリオ倉敷のフードコートには、
『フードコートについて
フードコートは食事をする場所です。
以下でのご利用は出来ません。
・勉強・ゲームプレイ・会合
・居眠り及び、長時間の場所取り・居座り 等』
と注意書きがあるのですが、それはちょっと前の昼休みにそこを訪れた時のことでした。
そのフードコートにはいろんなタイプの席があるのですが、いくつかあるボックス席の中でも片側で3人ずつ、合計6人は座れる一番大きなボックス席のそばを通った時、ちょっとした衝撃を受けてしまいました。
一瞬、誰もいないのかと思ったものの人の気配はするのでよく見てみると、なんとなんとなんと・・・
片側のシートの上に男女が転がって絡まっているではありませんか!
さすがに学校の制服ではありませんでしたが明らかに若者同士で、足は通路側そして頭部は奥側にして人目もはばからず大胆にも”ちんちんかもかも”していました。
たしかに注意書きの禁止事項からは漏れているので、抜け穴といえば抜け穴になってしまうのですが・・・キャッチコピーが「いいこと、アリオ。」なのをいいことに、いくらなんでもいいことアリすぎです。
そのハレンチな光景のインパクトはあまりにも大きく、その後にアマゾンで文庫本とDVDを注文すると封筒で送られてきたのですが、ダンボールと違ってしっかり固定されていないため、開けると中では文庫本の中にDVDが入りこんでいて、あたかも文庫本がDVDに襲われているかのような錯覚に陥ってしまったのは・・・影響受けすぎでしょうか?
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ