岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

ぼろ雑巾時代

2019年09月27日

先日受診した患者さん(まだ若い女性の方です)と話していると、彼女があの渋野日向子選手のことを全く知らなかったのは、ちょっとした驚きでした。
仕事が本当に大変で、世の中の動きに目を向ける余裕など全くなかった、ということなのでしょうが、そういえば自分にもそんな風に、仕事に没頭していた時代があったことを思い出してしまいました。
当時は総合病院で働いていて、朝の出勤こそ定時ギリギリだったものの、夜は基本的に11時を回るまでは病院に残っているのが当たり前の日々でした。
そんなある日の昼、病院の売店に昼食を買いに行った時のことです。
職員専用の売店ではないため、レジには医師をはじめ病院職員から患者さんまで、実にいろんな立場の人々がモザイク状に並んでいました。
ぼくも白衣のまんまでサンドイッチと飲み物を手にして列に並び、ようやく自分の順番が来たので支払おうとして財布を出して中を見た瞬間、思わず目を見開いてしまったものでした。
中にはお金が全然入っておらず、ぱっと見た感じだと100円玉は1枚だけ、あとは細かい硬貨が数枚ある程度で、200円にも余裕で足りそうにありません。
たしかに忙しさにかまけてお金をおろす余裕もなく、最後に財布を開いたのがいつなのかも思い出せないような有様でした。
せめて待っている間に財布を見ていれば、人知れず離脱して事なきを得られたのに・・・と迂闊だった自分を大いに呪いましたが、しかし商品はもはやレジを通過して値段も表示されています。
一方こちらも思いっきり財布を手にしていたので、
「あれ、財布忘れちゃいました!」
という言い訳は今さら通用しない状況でした。
テストで白紙の答案で0点よりも、びっしりと埋め尽くした上での0点の方が救いがないように、財布はあるのにお金が足りない方が財布そのものがない時よりも、ダメージの大きさは破壊的でシャレになっていないと個人的には思います。
料金は350円程度だったと記憶していますが・・・
財布の中をどんなに探してみても
「見つかっちゃった♡」
と500円玉がひょっこり顔をのぞかせるというミラクルは起こらず、軽くジャンプしてみてもチャリーンというまさかの音はどこからも響かず、ふと見た腕時計は年季の入りまくったG-SHOCKで資産価値は全く期待できず、どうあがいてもこの難局を乗り切れそうにありません。
こんな時に院内PHSでも鳴ってくれたらすぐに出て、
「ハイ分かりました、大至急向かいます!」
と機敏に応対し、レジでは厳粛に
「緊急事態なもので申し訳ありません」
と頭を下げて買い物は取りやめにし、まんまとその場を去ることができるというのに、そんな都合の良い展開が起こるはずもなく、
 「すみません、お金が足りません・・・」
と正直に白状すると、自意識過剰かもしれませんが、店員の女性の顔がみるみるうちに引きつり、周囲からはザワッというどよめきが聞こえたような気がしました。
財布にものの350円すら入っておらず、サンドイッチさえ買えない医師がいるとは・・・
しらばくは時が固まったままで、口をあんぐりと開けていた店員さんもふと我に返ると、
「ここの先生ですよね、またお金がある時に払ってくれたらいいですよ、名前を控えておきますね」
と言って白衣に付けていたネームプレートの名前をメモして、ツケ払いにしてくれたのは本当にありがたかったのですが、
「小野先生ですね」
とわりと大きな声で確認されたのはかなり恥ずかしく、品物を受け取ると逃げるようにしてその場を後にしたものでした。
今、改めて振り返ってみても情けなく苦い思い出ですが、でも実はこの頃の自分はとても誇りにしていて、現在ぼくが曲がりなりにもどうにか成り立っているのは、間違いなく彼が脇目もふらず頑張ってくれていた”おかげ”です。
本当に頑張ったことは、きっと無駄にはならないと信じてやみません。
いつか必ず、それが生きる時が来るはずです。
「考え方がネガティブなので、ポジティブになる方法はありませんか?」
と訊かれることがあれば、
「ポジティブかどうか分かりませんが、ネガティブのネガを願に変えてみてはどうでしょう?」
と最近は提案したりするのですが、ネガティブなのは必ずしも悪いことではなく、ネガティブであることをいかに生かすか、という視点が大切な気がします。
反対に、ポジティブなのが決して良いわけでもなく、たとえば光だって屈折するのです。
そんなわけで、これまでに出会ってきた、いろんなおかげに感謝しつつ・・・
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ