岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

ジキルとハイド

2020年10月31日

「自分の中にジキルとハイドがいるんですよ・・・」
と口にする人は、たいていの場合、ハイドしかいないような印象です。
おっと、ご存じない方のためにジキルとハイドについて説明しておくと、元ネタは『ジキル博士とハイド氏』 (Dr. Jekyll and Mr. Hyde)という英国の有名な小説で、二重人格 (正確には解離性同一性障害)をテーマとしており、ジキルが善で、ハイドが悪の人格になります。
ちなみにぼくも自分の中にハイドを飼っているというか、主人格が思いっきりハイドなのですが、ハイドはハイドでも前述のHydeのハイドではなく、Hide=隠すの方の意味のハイドです。
要は何でも秘密裏に事を進めたがる傾向にあり、たとえば本屋やコンビニで本を買う場合でも、店員さんにも後ろに並んでいる人にも内容を知られたくないため、基本的に裏返して渡しています。
すると結構な頻度で、わざわざ表紙を上にして渡してくる店員さんに遭遇するのですが、率直に申し上げて悪意しか感じられません。
もしかすると本屋業界においては、裏返しで出された際には、正しい向きに直して渡すのがルールで、それこそジキル気取りなのかもしれませんが、我々ハイドにとっては (Hideの方)、残念ながらハイドにしか見えません (Hydeの方)。
なお別にいかがわしい本を買っているわけではなく、ただ純粋に自分の買っている本を知られたくないだけです。
もちろん過去には、若干ハレンチな本も当然買っていました。
ある時、裏返しで渡した本をひっくり返して表紙を目にすると、そっと再び裏返してくれたおばちゃん店員がいて、思わず天使に見えたものでした。
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ