岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

ダイジェスト・ムービー

2014年07月15日

とても暑かった、遠い夏の日のことです。
喉がカラッカラッに渇いていたので、
「もうポカリっきゃない!」
という決意を胸にコンビニに入りました。中に入ると冷房が効いていて実に快適で、ポカリのことでいっぱいだった頭も徐々に落ち着いてくると心にちょっと余裕が出てきました。ふと見ると多くの人が立ち読み中で、そういえばその日が月曜日であったことに気付きました。そこでぼくもジャンプの立ち読みに参加したのですが、
「おっと、こんなことをしている場合じゃない」
としばらく経ってから我に返り、ジャンプを棚に戻して本来の目的である飲み物を購入しました。すぐにペットボトルのキャップを外し、ごくごくと飲み始めると・・・
「ゲホッ」
とゲップが出てしまいました。
「ん?ゲップ?たしかポカリを買ったはずなのに、なぜ?」
と疑問に思ったので確認してみると、飲んでいたのはなんとコーラでした。
「あれ?なぜにコーラ?」
そこで必死に思い返して、ついにその謎が解けました。
立ち読みしたジャンプの「キャプテン翼」で、日向小次郎がコーラを飲んでいたのです。
その時は自分の影響の受けやすさにガッカリしたものですが、人間なんてそんなに大きく変わるものではありません。ぼくは今でも影響を受けやすい方なので、今回からしばらくはワールドカップの影響を色濃く受けた内容になる可能性が高いですが大目に見てもらえると助かります。
さて、前置きというか言い訳も終わったところで、ある告白をしたいと思います。
実はぼくは幕の内弁当が好きではなく、何か1つを信じて勝負している弁当の方がはるかに好きなのですが・・・ワールドカップを見ていて実感したのは、自分がオリンピックよりもサッカーのみのワールドカップの方が好きであること、タレント揃いのドイツよりもメッシが主役のアルゼンチンの方が好きであること、でした。
ただ食事に行く際には、単品でいろいろと注文するよりもコースで頼む方が好きです。
理由は簡単で、単品で注文すると料金をちょろまかされているのではないか?と不安になってしまったり、それは大袈裟にしても計算間違いなどが気になるからです。
それはともかく、NHKでスポーツを見ている時にいつも感心するのは、放送の最後に流れるダイジェスト・ムービーの編集のうまさです。
別にサッカーに限らず野球でもそうなのですが、放送の最後にその試合のハイライトを映像でつないでいく技術は他の局を圧倒していると思います。
昔からどんなにつまらない映画でも予告編は面白そうに見える、なんて揶揄されますが、どんなにつまらなかった試合でもNHKの最後のダイジェスト・ムービーを見ると、好ゲームであったかのように感じられるから不思議です。
そしてこのダイジェスト・ムービーを見ると、人が死の直前に見るとされるパノラマ視現象についてぼくは考えてしまいます。最期の時、ぼくの脳はこんな風に巧みに思い出を編集してくれるのだろうか?と心配になってしまうのです。
また、思い出というものは自分目線で構成されるものなので、パノラマ視現象には自分が登場しないのも寂しい気がします。
あと、音楽はつくのでしょうか?
画質は4Kレベル?
なんだかキリがなさそうなので、この辺で終わりにしたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ