岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

偶然の一致

2016年02月03日

お寿司に回るお寿司と回らないお寿司があるように、最近の缶コーヒーには振る缶コーヒーと振らない缶コーヒーがあります。
振らない方の缶コーヒーには味の劣化を防ぐために窒素ガスが充填されており、振ると吹きこぼれる可能性があるので注意が必要です。窒素ガスは車のタイヤでは普通の空気ならタダなのに有料であることを考慮に入れると、それなら振らない缶コーヒーの方が高級感があるように思えます。
ただ個人的には缶コーヒーは匂いが苦手なので進んで口にすることはあまりなく、最近だとセブンカフェのコーヒーを飲む機会が多いです。
その日もセブンカフェで飲んでいたのですが、ふと気付くとコーヒーがポタポタとこぼれていたので驚いてしまいました。
そこでカップのコーヒーがこぼれている辺りをまじまじと眺めてみると、
『フタの飲み口をカップの貼り合せ部分に合せないでください。コーヒーが漏れる事があります』
という注意書きがありました。
セブンカフェはセルフサービスなので自分でカップとフタを合体させる必要があるわけですが、これまでは特に何も考えずに適当にやっていても別に問題はありませんでした。
しかし今回はフタの飲み口がカップの貼り合せ部分にたまたま一致していたらしく、ものの見事にそこからコーヒーがこぼれてしまったようです。
それで思い出したのは小学生時代の水泳のことで、たしか3~4年生ぐらいからは男女で別れて水着に着替えるようになりました。
よく分かりませんが男子だけで着替えていてもなんとなく恥ずかしかったらしく、ほぼ全員がバスタオルにゴムを縫いつけスカート状にしたタオルを腰に巻いて隠しながら着替えていたものでした。
そんな時スカートタオルのスリットが真正面に来ているのにそのまま着替えてしまい、隠しているつもりが実は丸見えになっちゃってるおバカな男子がたまにいた記憶がよみがえってきました。
さて本日は節分ですが、数ある方角の中からその年の恵方とのり巻きを食べる方角が偶然にも一致すると、なんとそこから邪気を追い払うことができるのだとか。
それでも・・・阿呆には踊る阿呆と見る阿呆がいて、同じ阿呆なら踊らな損損だそうですが、のり巻きに関してはぼくは見る阿呆で上等です。
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ