岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

I’m sorry.

2013年08月10日

「趣味は何ですか?」
もしくは最近だと
「ハマってるものは何?」
とか訊かれるのは実は苦手なんです・・・
という人は意外と多いようです。
言いたい人は放っておいても勝手に好きなものについて語り出すことも多いですから、この手の質問はしない方が得策ではないかと個人的には思います。
それでも今ぼくがこの質問をされたら、
「工事観察!」
と迷うことなく答えます。
当院は倉敷駅前東の土地区画整理事業の真っただ中に位置しており、周辺ではずっと工事が行われています。
「まさかオスプレイ落ちた?」
と心配になるほどの爆音と振動で、思わず窓の外を見るということもたびたびです。
ここにいるだけで大体1週間ごとに、水道やNTTなどいろんな種類の工事を代わる代わる観察できるので、工事マニアならテンション↑↑↑で仕事にならないかもしれません。
しかし、幸いにもぼくは工事マニアではないので、仕事に集中できます。とはならず、普通に騒音と振動で仕事にならないことが結構あります。
ただ、市の担当者はいちおう説明に来て頭を下げてくれましたし、工事業者の多くは「迷惑おかけします」と事前に断りを入れてくれるので、「仕方ないな」と納得はしてます。
相手に迷惑をかけてしまうような場合には、ちょっとしたこと、たとえば「ごめんね」と軽く謝るだけでもかなり印象が違いますので、このように誠意を見せることはとても大切だと思います。
ただ、個人的にはもう一生分の工事を観た気分で、お腹いっぱいです。
ひょっとするとゲップが出てしまう可能性があるため、この場を借りてお断りを入れておきますので温かく見守っていただけると助かります。
しかし工事現場で働く方々はこの炎天下の中でも働き続けていて、そのフィジカル面のタフさには頭が下がります。
それでは反対に、メンタル面のタフな職業とは何でしょうか?
真っ先に思い浮かんだのは、天気予報関係の方々でした。
「カラスの死骸を見たことがありますか?」
の矢追純一氏ではないですが、
「お天気キャスターが謝っているところを見たことがありますか?」
さあ、どうでしょう?
本格的な謝罪でなくても、たとえば前夜の予報が外れた翌日の夜に、
「今日もまた予報が外れてしまい失礼しました、では気を取り直して明日の予報です」
のようなサラッとしたもので結構です。
そんな社交辞令的な謝罪ですら、ぼくは見たことがありません。
仕事における債務には、手段債務と結果債務というものがあります。
ざっくりまとめると前者は最善の手段を尽くせば結果は問われず、後者では結果が問われます。
天気予報は基本的には手段債務になりますから、その結果として予報が外れても別に謝罪する必要はありません。
ひとこと謝るかどうかは、誠意の問題に帰着します。
実は医療もまさに手段債務であり結果は問われないので、たとえば手術が失敗に終わっても手術代はきっちり請求されます。それでもおそらく、
「ご期待にそえず、申し訳ありませんでした」
ぐらいの謝罪は医師からあるものと思います。
一方、お天気キャスターは?
この日も前夜の予報がド派手に外れてしまった、お天気キャスターの発言に注目してみましょう。
「それでは長期予報を発表します、この冬は暖冬となるでしょう・・・」
明日の予報も外したのに、顔色ひとつ変えずに3ヶ月先の予報ができちゃうメンタルのタフネスさ!
ぜひ見習っていきたいものです。
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ