岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

バレンタインの思い出

2019年02月14日

東京土産にザ・メープルマニアというお菓子をもらったのですが、パッケージのイラストがなんだかノーマン・ロックウェルみたいでした。
ザ・メープルマニアについては、ウェブサイトを参考にしてもらえると助かります。

ノーマン・ロックウェルをご存知ない方のために簡単に説明しておくと、アメリカの伝説的なイラストレーターであり、彼の作品は長きにわたり雑誌「サタデー・イブニング・ポスト」の表紙を飾っていましたが、中でもぼくは上の「Double Trouble for Willie Gillis」という作品が好きで、この絵がプリントされた財布を持っています。
以前に知人が財布を出したら、この同じイラストがプリントされたものであった時、自分と好みが同じなんだ・・・と急速に親近感を抱いてしまったものでした。
その逆に、高校2年生の時に弁当箱を買いに行き、バットマンのデザインのものを一目見て
「こんなの買う人いるのか」
と思ったその弁当箱、大体こんな感じでしたが、、、

後にそれを友人が思いっきり使っていた時には、こいつとは多分合わないんだろうな~と瞬時に悟ってしまいました。
なおその男はT君という美少年で、当時は理系クラスで男子30人女子10人くらいの男女比だったのですが、ある時友人たちと
「このクラスで一番かわいいのは誰だ?」
と議論になった際、結局は残念ながらT君という結論に達してしまい、がっかりと肩を落としたことを今も覚えています。
ちなみに上のノーマン・ロックウェルのイラストは、人気者の軍人ウィリー・ギリスからの「Love, Willie」と書かれた写真付きの手紙を、2人の姉妹が同じタイミングで受け取ってしまい争っているところなのですが、T君は右側の女性に似た美少年でした。
ぼくの通った高校はプールがなかったので夏のドキドキ感もなく、教室でも土足で下駄箱がなかったため恋文をもらう機会もなく、おまけにNo.1の美女はヤロウという哀しすぎる理系クラスで、実に暗い青春を送りました。
もちろんバレンタインなど夢のまた夢でしたが、個人的には今でもチョコレートのお返しがマシュマロというのがどう考えてもつり合っているとは思えません。
「以上」の反対語が「以下」はいいとして、「未満」の反対語は「超過」というのが納得いかないのと同じ感じです。
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ