岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

世代交代

2018年05月15日

先日テレビでプロ野球をたまたま観戦していると、一塁に走者がいる場面で投手は走者の足がよっぽど気になるのか、何度も執拗に一塁に牽制球を投げているところでした。
「もっと打者に集中した方がいいですね」
明らかに不愉快そうに解説者がつぶやくのが届くはずもなく、その後もやはり投手は牽制球を繰り返し、最終的には逸れた牽制球を一塁手が捕れず、走者は二塁に進んでしまいました。
「だからね、私は選手を指導する時にはいつも言っているんですけど、二兎追う者は一兎も得ず、なんですよ」
と解説者がぼやくのを聞きながら強く思ったのは、ああこの人に大谷翔平選手が指導されなくて本当に良かった、ということでした。
なお大谷選手のメジャー行きが決まった際に、まるでかぐや姫が月に帰るよう・・・というたとえを目にする機会が何度かありましたが、ならば彼は地球だけでなく月でもまた二羽のウサギと仲良くなれたということになります。
おっと、そのたとえだと同世代の阪神・藤浪投手があたかもスッポンみたいですが、そんなことは全く考えていませんので虎党の方はどうか落ち着いて下さい。
残念ながら日本ハム時代の元同僚・ハンカチ王子は、スッポンの扱いでも仕方ない気がしますけどね。
しかしイップス、ではなくイソップ物語の「ウサギとカメ」の話では、最後に勝つのはカメですから、焦らずにゆっくりと自分のペースで進んで行けばいいと思います。
ただメジャーに大谷選手という新星が登場したのと呼応するように、一つの時代を築いた巨星が終わりの時を迎えようとしているのは非常に寂しいことです。
そう・・・マリナーズの会長付特別補佐というよく分からないポストに就任し、今シーズンは選手としては出場しないことを発表したイチロー選手のことですが、あのストイックすぎる求道者のようなイチロー選手に引退の日が訪れるのは、正直なところあまりピンと来ないものの、それでもやはりいつかその時は必ず訪れます。
何を基準にして引き際とするかは、分野によってもその人の考え方によっても様々ですが、個人的に強く思うのは立ち読みの幕引きについてです。
やっぱり、ページをめくる時にペロッと指を湿らさないといけなくなったら、もう立ち読み界からは去らなければなりません。
あとできれば、ついでに図書館からも勇退していただけると幸いです。
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ