岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

すぎたるは・・・

2019年01月22日

人は誰でも一つや二つ、記憶に深く残っているスポーツの試合があると思います。
2010年5月27日に甲子園球場で行われたプロ野球の交流戦、阪神対西武の一戦は、個人的にはそんな忘れられない試合の一つです。
この試合はたしか病院の当直室でサンテレビの中継を観戦していたのですが、先発投手は阪神がヘッポコ外国人のフォッサム選手で、西武はエースの涌井選手でした。
当時の西武・涌井選手はといえば、妻・紗栄子の呪いで絶不調だったとはいえ、同級生のなんとあのダルビッシュ選手をも凌駕する程の実力を誇っていました。
よって先発投手だけで比較するなら圧倒的に不利な阪神でしたが、フォッサム選手は初回にあっさりと不用意な先制の2点を献上し、その後も追加点を奪われ、5回6安打3失点でマウンドを降ります。
解説者にもその投球内容を酷評された後に、マウンドを降りたフォッサム選手の談話がベンチリポートから入ってきた時、ぼくは当直室のベッドの上で横になり、肘枕でテレビを観ていました。
そして、まさかの意表を突くそのコメントにわが耳を疑い、肘がつるんと滑ってズッコケてしまったことを、今でも強く覚えています。
当然、調子が悪かった・・・的な反省の内容かと思いきや、
「体のキレが良すぎたせいで、投げ急いでしまった」
という絶好調すぎてうまくいかんかった!発言には解説者も絶句してしまい、
「いや、そんな・・・体のキレが良すぎて打たれるなんて、聞いたことないですけどね」
と呆れ果てていましたが、なおこの試合の結果は戦前の予想どおり、1対6で西武が勝利しました。
さて、ここで残念なお知らせです。
鳥取県ではオスのズワイガニ=松葉ガニは、本来ならば3月末まで楽しめるのですが、実は今シーズンはもうすでに獲れなくなってしまいました!
その結果、しばらくの間は水槽を利用して新鮮な松葉ガニが提供されると思いますが、おそらく2月以降は冷凍ではない松葉ガニを味わうことが難しくなると予想されます。
その理由は・・・
今年は天候が良くシケもないため、全国的にズワイガニは絶好調だったらしいのですが、実はズワイガニ漁には漁獲制限がかけられており、鳥取県の松葉ガニは割り当てられた870㌧のうちの漁獲量が12月末までで軽く90%以上にのぼり、そしてついに今月の半ばを待たずして870㌧に達したのでもう漁ができなくなってしまったからです。
他の地域でも、たとえば近隣の島根県や兵庫県などでも同じような状況とのことなので、生きの良い松葉ガニを食べたいという方は急いだ方が良いかもしれません。
なんだか、少し前の世代の若者は物心ついた時からパソコンが身近にあり、容易に使いこなせる人が多かったのが、最近の若者はさらにITが進化しすぎた結果スマホで全て事足りてしまうため、逆にパソコンを使えない人が増えているという話を思い出してしまいました。
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ