岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

ポイントの使い方

2021年02月28日

ツタヤに行かなくなってもう久しいのですが、そのくせTポイントは地味にたまっているのだから不思議なものです。
個人的にはポイントは日常的な買い物では使いたくなく、比較的大きな買い物の際に活用し、少しでも安くなったお得感を出したい派に属しています。
ところが先日、ごく日常的な買い物をした時に
「ポイントためないですか?」
と未知の角度からたずねられ、思わず
「ハイ」
と答えてしまい、気付いた頃にはもはや後の祭り、意に反するかたちでポイントを失い、ちょっとした敗北感に襲われました。
ポイントを使うか否かの確認は、大体「ポイント使いますか?」か「ポイントためておきますか?」と訊いてくるのが一般的で、仮に否定疑問文でも「ポイント使わないですか?」はまだ耳にする気がしますが、今回のは初めてのパターンでどうもハメられた感がつきまといます。
詐欺の手口もますます巧妙化している昨今、さらに分かりにくい表現で確認される可能性もあるため、
「ポイント使うのはやぶさかではないですか?」
など事前にシミュレーションしておき、安易にポイントで払わないよう注意しなければなりません。
ちなみに「やぶさかではない」は、”~を喜んでする”の意味なので、前述の訊かれ方の場合はポイントを使わないのなら、「いえ」と否定で答える必要があります。
それはさておき、車のガソリンはもっぱらセルフを利用していますが(「新たなる戦略」)、基本的に行くのはメインのクレジットカードでお得になる系列のガソリンスタンドです。
セルフのスタンドもピンからキリまでで、給油後にノズルを抜く際にガソリンがこぼれるのを防ぐものが雑巾すら置いていないところもあれば、今よく使っている店はタオルペーパーに加え使い捨ての手袋、さらにはウェットティッシュまで完備しています。
つい先日も寄ってきたのですが、その時はなぜかボーっとしていて、間違えて紙幣の投入口にカードをねじ込んでしまい、我に返った時にはすでに手遅れで、カードはかろうじて見えても投入口より奥まで進んでいました。
なんとなく入れにくいな~とは感じていたものの、、、自分勝手な責任転嫁かもしれませんが、紙幣の投入口にはお札以外のものは入らないようにするか、仮に入っても吐き出してほしいところでした。
それはともかく、とりあえずこんな大ピンチで頭に流れるメロディーは、やっぱり「クラリネットをこわしちゃった」以外には考えにくいものの、オーパッキャマラド、パッキャマラド、パオパオパンパンパン♪という場違いに明るい曲調とは裏腹に状況はなかなか深刻です。
事を大きくはしたくなかったのでスタンドの人を呼ばずに、前述した備品のタオルペーパーやらウェットティッシュを紙幣の投入口から入れるなどして救出作業を行い、どうにか取り出すことに成功した時には心底ホッとしました。
しかしそれにしても、まさか紙幣の投入口にカードが入ってしまうとは!
子どもの頃はエスカレーターで降りそこねたら、そのまま吸い込まれてしまうのでは?と恐怖だったのですが、そんなことも無きにしもあらずかもしれません。
なお
「ポイント使うのは無きにしもあらずですか?」
と訊かれた場合は、「無きにしもあらず」は”ないことはない=少しはある”の意味なので、ポイントを一部だけ使うのなら「はい」で、後は使わない時だけでなく全部使う時も、「いえ」と否定で答えるのが正解です。
ここはテストに出るポイントなので、しっかり覚えておいて下さい。
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ