岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

羊がいっぱい

2014年12月09日

ハロウィンが終わると息つく暇もなく、12月になる前から街はクリスマスの雰囲気を漂わせ始めます。イベント全体が昔に比べると少しずつフライング気味になっているような気がしているのは、ぼくだけでしょうか?
な~んてことを思ったりしていると、クリスマスも未だ訪れていないというのに来年の干支である羊があちこちで大量発生しているではありませんか!
ん?
あれ?
おっとっと、あやうくだまされるところでした・・・
よく見たら羊の皮をかぶった狼たちで、「この道しかない」などウルサイったりゃありゃしません。
迷子になった時そうやって突き進んでも、誰も帰ってこなかったワン・・・って犬のおまわりさんが言ってましたよ。でも狼さんは羊のコスプレをしたりなど、意外とロマンチストなのかもしれません。
だから公約とかマニフェストに対しても、あんなにプラトニックなんだと思います。実行という一線を越えることについては、ガンジーもびっくりする程に禁欲的です。本物の羊はまさに身を切って毛や肉を捧げてくれますが、狼さんのはコスプレの羊ですから身を切るどころかためらい傷すら見当たりません。
身を切る覚悟・・・国会議員の定数削減とか給与カットはどうなってるの?と白い目で見ていた時代もありましたが、最近では考え方を改めることにしました。たとえば原発や米軍基地の近くに住んでいる人が経済的な恩恵を多少受けていたとしても、それは仕方ないと多くの人は考えるでしょう。普通の人は政治家になるなんて考えたりはしませんから、あの人たちの心の奥底には深い深い闇が横たわっているのだと思います。その闇は人類の宿命のようなもので一定の量が決まっており、誰かが受け入れていかねばならない性質のものなのかもしれません。それならば下手に議員が減ってしまうと、一般の人まで心が闇にむしばまれてしまう可能性があります。また、そんな厄介な闇を抱え込んでくれているのだから、お見舞金としてお金を多くもらっていても許されるのではないでしょうか?
でも、比例代表での重複立候補のカッチョ悪さは、どうあがいても言い逃れの余地は全くありません。羊のコスプレをした狼も実はコスプレで、どうやら正体はチキン(もちろん骨なし)だったようです。今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ