岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

平和へのささやかな祈り

2015年08月06日

テレビ番組内で愛車をボコボコにしたお笑い芸人が『日本ベスト・カー・フレンド賞』なる賞を受賞した際、こんなコメントをしたそうです。
「愛しているがゆえの、ああいう形になったんじゃないかと」
これって、DV加害者はみんなそう言いますよね。
それならば、愛国者として知られる首相が憲法9条をボコボコにしているのも、愛しているがゆえのDVなのでしょうか?
・・・って、そんなものが本当の愛であるはずもなく、極めて自己中心的で一方的な思いの押しつけにすぎません。ただ彼の中では解釈の改正がなされて、それを愛と思い込んでいるだけのことです。
ちなみにDVにはボコボコ系の身体的虐待以外に、ネグレクト=無視するなどの心理的虐待というのもあります。
アメリカのマイクロソフトが7月29日にwindows10への無償アップグレードを始めましたが、windowsが8から10へと9をとばしたのは憲法9条に対するネグレクトでなければいいのですが・・・

ところで9という数字は、あの酒鬼薔薇聖斗が一番好きな数字なんだそうです。
そんな彼は小さい頃、親から
「緊張するのなら、周りの人を野菜と思うといいよ」
とアドバイスされた結果、人間が野菜に見えてしまうようになったんだとか・・・
以前に関わったアスペルガー症候群の少年に、それと似た話があるので紹介したいと思います。
彼は日本人の母親と外国人の父親から生まれたハーフの5歳の少年で、初めてしゃべった言葉が
「泣かないで、マミー」
だったというのですから、いかに個性的な子か分かろうというものです。
多くのアスペルガーの人がマイペースで集団行動を苦手としているように、彼もまた超マイペースであったために、幼稚園でかなりのいじめを受けることになりました。
それを知って心配する母親に彼は、
「ぼくはロボットだから大丈夫だよ」
と言ってのけ、
「ぼくは宇宙戦争の途中で地球にやって来たんだ、そしてマミーの背中から入ってマミーの子どもとして生まれてきたんだ」
という見事なファンタジーの世界を構築していたそうです。
そんな彼はある時、当時の担当医から
「いじめられたら、やり返せばいいんだよ」
とアドバイスされた結果、やり返すどころか積極的に防衛しすぎて先制攻撃すら平気で行う、積極的平和主義の問題児になってしまいました。本気でロボットと思い込んでいるものですから、体は決して大きいわけではないのに相当に強くて止めるのも大変だったみたいです。

さて本日8月6日は、『ハムの日』だそうです。
ハムといってもいろんな種類がありますね、生ハム、ロースハム、ボンレスハム・・・
ボンレスというのはボーンレス =bonelessであり、骨を抜いたハムという意味なので、骨抜きにされつつある憲法9条にやっぱり結びついてしまいました。
こんな日ですから、平和を祈念しながら、憲法9条について思いつくままに書いてみた次第です。
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ