岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

こんな時だからこそ

2020年04月29日

新型コロナウィルス感染症のこともあり、タクシーに乗るのは抵抗があったのですが、利用者が激減しているこんな時だからこそ、逆に普段よりもサービスが向上しているのでは?とかすかな期待を抱いて乗りこんでみたところ・・・
「どこまで行きますか?」
と振り向きざまに訊いてきた運転手が、のっけから見事なアゴマスクだったので、やっぱりか!なんとなく知ってたけど、と思わずガッカリしてしまいました。
「そうですね・・・」
「はい、どこまで?」
「とりあえず、マスクを上げるか、鼻と口を下げるか、どっちかしようか」
とややキレ気味に指示を出すと、彼は一瞬目を点にしてそのまま上に移動させてから、そういえばマスクしてたっけと久々に思い出したかのように慌てて本来の位置に戻し、
「で、どちらまで?」
と、すっかりおびえながら改めて訊いてきたので、
「○○まで。それから」
「はっ、はい」
「窓、少しは開けよっか」
と我ながらピリついた対応をしてしまい、今となっては大いに反省しています。
ただ、外気が入ってきてようやく換気がなされた車内で、ふと気付くと運転席の後ろにスプレーボトルが備え付けられていました。
それに貼られていたラベルの一部が、たまたま折れていたのか、前の客がいたずらしたのかは知る由もありませんでしたが、
『毒液』
となっていたのには苦笑いするしかなく、もう当分はタクシーには乗らないつもりです。
さて、新型コロナは分類としてはウィルスになるわけですが、いわゆるバイキンこと細菌と混同している人は意外に多いらしく、コロナ菌と呼ぶ人をたまに見かけることがあります。
なおインフルエンザはウィルスだけでなく細菌にも存在するので、インフルエンザ菌というのは決して間違いではないのですが・・・
それはともかく、こんな非常事態だからこそ、逆にできることもあるはずです。
ぼくの周囲にもせっかくの機会だからタバコとパチンコをやめることにした、という人もいて、かくいう自分も実は腹筋を日々やるようになり、なんと人生で初めて腹筋が割れつつあります。
無事コロナが収束して終息した暁には、バッキバキのシックスパックになっている予定で、その際にはその腹筋をコロナ筋と呼ぶつもりです。
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ