岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

16,000Hz

2013年09月26日

先日、某家電量販店をてくてく歩いていたところ、
「実演販売、見ていきませんか?ビンゴもありますよ」
と誘われ、時間もあったので参加してみることにしました。
よく考えたら、小学校の帰り道で怪しいおもちゃを売ってたおじさん以来かもしれません、実演販売なんてものは。
あの頃はこっちもガキだったので完全にだまされましたが、今日という今日は捲土重来の願ってもないチャンス!と思わず握りこぶしにも力が入ると・・・
先ほどもらったビンゴカードが手の中でぐしゃぐしゃになっていました。
それでも何とか気を取り直して、”うなずかない!驚かない!拍手しない!”を合い言葉にいざ会場へと向かいました。この3つが達成できれば、個人的には「ビンゴ!」です。
実演販売用のスペースが狭かったというのもありますが、参加する人たちで会場はいっぱいでした。しばらくしてその道のカリスマを名乗る人物が登場すると、いよいよ始まりです。
実はそこで何が売られるのかも知らなかったのですが、iPadの実演販売で、彼はつかみのアプリを起動させました。彼の軽妙な話術で会場は盛り上がり拍手もありましたが、ぼくはといえば初志貫徹、そんな子どもだましじゃつかめないぜ!と言わんばかりにクールにやさぐれていた、つもりでした。
しかし、そのアプリはモスキート音で耳年齢をチェックするものでした。
モスキート音をご存知ない方のために一応説明しておくと、17,000Hz前後の高周波の音で、20代前半までの若者にしか聞こえないとされています。ちなみに、名探偵コナンでも金田一少年の事件簿でもトリックに使われていました(コナンの方が先でしたが)。
実演販売でのつかみのアプリに話を戻すと、24歳以下の17,000Hzが聞こえなかったのは仕方ないとして、30歳以下の16,000Hzが聞こえた時には・・・思わずウサイン・ボルトばりにポーズを決めていました。
絶対に無理だとあきらめていたんで、ついついうれしくて。
トトロは見えなかったけど、まっくろくろすけぐらいは見えた!というところでしょうか。
その後は実演販売にドはまりしてしまい、うなずき、驚き、拍手喝采、気付けばビンゴにもボロボロのカード片手にノリノリで参加していました。
個人的な方でもゲームでもビンゴにはなりませんでしたが、耳年齢が思ったより若いということが分かり、満足感いっぱいでイベントは終了しました。
当初の目標、すなわち実演販売に対するリベンジは失敗でしたが、この日の展開ではかつての帰り道のようにiPadを買っていてもおかしくないところでした。
今回は衝動買いも奇跡的になかったので、ぼくの中では勝敗はドローということで納得しています・・・おっと、今回のブログは仕事の合い間に現実逃避的に書いてきましたが、そろそろお時間が来たようです。
油の実演販売はやめて、仕事に戻ります。
今後ともよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ