岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

最近びっくりしたこと

2015年11月11日

今回はタイトルのまんまですが、最近びっくりした2つの出来事がテーマです。
どちらのエピソードにもぼくにとって大切な人が登場するため、こうして発表することには正直なところ葛藤もかなりありました・・・というか今でもあります。
しかしどんなに親しい間柄であっても、考え方や価値観に違いが存在するのは当たり前のことです。
なので、その事実をしっかりと受け止め、それはそれとしてお互いを尊重し合うことにより、今後とも友好的な関係を続けていきたいと心から願って、ここは一つ思い切って発表することにしました。

まずはじめは、最近コンサートなどのイベントによく一緒に行っているMさんという人との話です。
Mさんはぼくより約10歳年長の男性で、音楽を昔からこよなく愛しており、音楽に対してとても深い造詣の持ち主です。
コンサート終了後の感想には音に対する細かい分析も多く、なんとなく雰囲気を楽しむことをモットーとしているぼくはいつも驚かされてばかりです。
そんな彼とつい先日も、とあるコンサートに参加してきました。
アーティストの唾まで見えそうな前方の席で、ぼくとしてはかなりイイ席だと思っていたのですが、なんとこのMさん、
「あんまり前だと、爆音で音が歪むから嫌ですね」
てなことを言い出しちゃったので、ぼくは思わずびっくりしてしまいました!
コンサートの席なんて、前方であればあるほどサイコーと信じて疑ったこともありませんでした・・・
もちろん、ギターをぶつけられるという某アーティストを除けば、ですが。
そんなわけであまりにも衝撃的すぎる意見だったため、自分の価値観が強烈な爆音による振動で歪みまくっているのがはっきりと分かりました。
しかしやっぱり個人的には、コンサートというものは目と耳で感じるものだと思います。
よって、どんなに音が素晴らしくてもステージ上の演者がはっきり見えない席だと物足りなくなってしまうような気がするのですが、皆さんならどうでしょうか?

それから次は、今年が出会って10周年になるSさんという人の話です。
Sさんは同世代の爽やかな男性で、非常にコミュニケーション・スキルに秀でており、彼がいるだけでその場がほっこりと温かくなるような希有な才能の持ち主です。
特に相手の発言を可能な限り拾って優しく返そうとする姿勢には、彼が学生時代にバレーボールに打ちこんでいたという面影を垣間見ることが出来ます。
そんな彼とつい先日、一緒に食事に行ってきました。
彼とは以前にメールでカレーうどんについて語り合っていたので、カレーうどんが有名な「およべうどん」に入ることになったのは、今にして思えば当然の帰結だったような気がします。
2人とも迷うことなくカレーうどんを注文し、しばらくして温かいカレーうどんが到着すると、待ってましたとばかりに食べ始めました。
彼はこの店が初めてとのことだったので味を訊いてみると、
「美味しいです、いつも食べてるのとは比べものにならないです」
と絶賛してくれたのでホッとしたのも束の間、この後で事件は起こりました。
実はぼくはお恥ずかしい話、カレーうどんを食べる際にはルーの飛散に神経質になりすぎる傾向があり、下手をするとカニを食べる時以上に無口になってしまうので、しばらくは集中して黙々と食べ続けていました。
ふと彼の方を見ると、彼は食べ終わったようで箸を置きくつろいでいたのですが・・・
器の中にはルーがまだ3割ぐらいは余裕で残っていたので、ぼくは思わずびっくりしてしまいました!
味に問題があったり、そもそもカレーうどんが好きではないという場合は別として、カレーうどんではルーは残ったら飲み干すか、「およべうどん」に関してはライスも無料で入れてくれるので、残さないのが当たり前とぼくはその時まで信じて疑ったこともありませんでした。
そんなぼくにとって彼の残していたルーの量は衝撃的なインパクトがあり、自分の価値観が津波のように襲ってきたカレールーによって流されそうになっているのがはっきりと分かりました。
しかしやっぱり個人的には、かけうどんの出汁を残す人は結構いたとしても、カレーうどんのルーはどちらか言えばカレーライスのルーに近いものではないかと思います。
よって、残すという選択肢はあり得ないような気がするのですが、皆さんならどうでしょうか?

ちなみにコンサートでかなり前の方だと、「アーティストの唾が飛んでくるかもしれないから嫌」という人もいるかと思います。そんな人はカレーうどんでルーが飛び散るのをかわす練習をしておけば、知らない間にアーティストの唾をかわす修行にもなっているのでオススメです。
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ