岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

調子悪い

2016年05月11日

名古屋に行く機会があったので、いわゆる名古屋めしを食べてみることにしました。
ひつまぶし、エビフライ、味噌カツ・・・いろいろと候補はありましたが、できれば手軽に駅の近くで、しかもどうせなら有名店で、という多少わがままな希望に合致する店を模索した結果、駅の地下にある味噌煮込みうどんの某有名店を訪れてきました。
しかしさすがは有名店、店の外にはすでにかなりの行列ができていました。
実はぼくは地元であれば知り合いに目撃され、
「へ~、そんなにしてまで食べたいんだ」
と思われるのが嫌なので行列には並ばない主義なのですが、ここは知り合いに見つかる心配もまずない土地であり、周囲の目も気にせず堂々と並んでいました。
それからしばらく待っていると順番が来たので席に通され、いよいよ人生初の味噌煮込みうどんとのご対面です!
ぐつぐつと煮込まれたお鍋の蓋を取ると湯気が立ち上り、とても美味しそうな味噌煮込みうどんがついにその姿を見せた時には、感動と興奮のあまり思わずスマホで撮影してしまったほどでした。
さてさて、はたしてそのお味は・・・

えーっと、この味を一体どう表現すればいいのか、少し考えを整理する時間が必要でしたが・・・
「調子が悪かったんだよね」
ハイ、多分そういうことなんだと思います。
仮にもこれだけ有名な名古屋めしの中でも代表格の味噌煮込みうどんの実力が、こんな程度のものであるはずがありません。
かなり期待していただけにちょっとだけ残念でしたが、誰にだって調子が悪い時はあります!
だから全然大丈夫、調子を憎んで味噌煮込みうどんを憎まず、です。
でも、撮影した写真はしっかり削除しておきました。
ところで調子が悪いといえば、教習所に通っていた時の卒業検定の教官のことをふと思い出してしまいました。
たしかぼくを含めて3人と教官で路上に出て卒検は行われたのですが、路上運転が終わった後でその教官が、
「君は合格」
「君も合格」
とぼく以外の2人に次々と合格を言い渡しました。
そして彼はぼくの方を見ると
「君は・・・」
と急に口ごもり出したので、ゲッ不合格!?と胸がドキドキし始めていると、
「君は・・・今日、調子悪かったんだよね?」
と質問されてしまい、一瞬その意図はよく分からなかったのですが、
「ええ、そうです、今日は調子悪かったです」
と別に調子はいたって普通であったものの、とりあえず話を合わせておくことにしました。
「だよね、いつもはこんなんじゃないよね」
「そうです、いつもは全然違います」
「うん、じゃあ君も合格」
「ありがとうございます」
「調子が悪い時にはあまり運転しないように」
「ハイ」
なんだかものすごく侮辱されているような気がしましたが、下手にことを荒立てるのは賢明ではないと判断し、ありがたく合格させていただいたものでした。
さて過去のブログを振り返ってみると、書いている時には分からない好不調が時の流れによりはっきりしてくるのですが・・・今回の調子はどうなのでしょうか?
今後ともよろしくお願いします。

 

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ