岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

シンクロニシティ日和

2015年01月22日

かつて犯罪スレスレの幼な妻と結婚した元歌手の離婚問題が報じられた後で「つまようじ男」が逮捕されたと知った時、「妻幼児男」が時効の枠をこえてついに逮捕されたのかと勘違いしてしまいました・・・
シンクロニシティ=意味のある偶然の一致、というわけではないんでしょうけど、ちょっと紛らわしいですね。
ただ先日、個人的にも「そんなのアリ?」と思ってしまったことが偶然にも重なりました。
まずは朝にセブンカフェのコーヒーマシンの前で、コーヒーが出来上がるのを待っていた時のことです。
その店にはマシンが2台あったのですが、空いていた隣のマシンにやって来た人が堂々と水筒をセットしたので意表を突かれてしまいました。調べたところでは、セブン本社としては自前の水筒を使用しても特に問題ないとの見解のようです。しかし・・・はっきり言って店員さんも見てないのでレギュラーの料金でもラージで入れることも可能だし、何よりレギュラーの料金を払ってるのかどうかも怪しく「そんなのアリ?」と思ってしまいました。
ええそうです、我ながら器のサイズはスモール・・・どころかエスプレッソ用のデミタスカップ・・・と見せかけて実はコーヒーフレッシュの容器並みしか持ち合わせておりません。
続いてはそれからコーヒーを飲みながら移動し、セルフのうどん屋さんに行った時のことです。その店はうどんのクオリティはもちろん、鶏の天ぷらが美味しいのでいつも食べてます。天ぷらは運が良ければ揚げたてですが、残念ながらそんな機会はめったにありません。その日も冷めた鶏の天ぷらでうどんと一緒に食べていたところ、
「お待たせしました~」
と店員さんが隣のお客に何かを運んできました。何だろう?と思ってチラ見してみると、揚げたての鶏の天ぷらではありませんか!
ったく天ぷら注文オーケーなんてそんなシステムがあったとはつゆ知らず、
「そんなのアリ?」
と思わず涙目でした。
たま~に揚げたての日だと「今日はラッキー♡」なんて盛り上がってた自分が不憫で不憫で・・・
でも、いいんです。ぼくの舌はラング・ド・シャだから、冷めてる方が食べやすいんだもん。

41OjuJ7sjWL._SY300_

ちなみにラング・ド・シャというお菓子は、フランス語で「猫の舌」という意味になります。
いわゆる、武士は食わねど高楊枝ですね。
しーはしーは。
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ