岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

頑張って

2016年10月01日

はっきり言ってしまってぼくはくじ運が非常に悪く、なんとしてもくじを引くのだけは避けられたらと願ってやまないのですが・・・
ついに先日どうしても手に入れたいグッズのために、仕方なく自分でくじを引く羽目になってしまいました。
そのグッズとは缶バッジで全部で11種類あり、1回500円で箱の中に手を入れてくじを引くと、それに『い』『ろ』『は』などの平仮名が書いてあって、引いた平仮名に該当する種類の缶バッジがもらえるというシステムでした。
当初ぼくのコンプリート欲は大したものではなかったのですが、店員さんから
「コンプリートした人は多分まだいないんじゃないですかね」
と聞いたばかりに俄然コンプリート欲に火が点いてしまいました。
しかしコンプリートするためには、奇跡的に1回で揃ったとしても単純計算で500×11=5500円かかることになります。
自分のくじ運を冷静に分析すると、一体いくらかかるか分かったものではありませんでした。
それでも、日本男児たるものまずは堂々と一発コンプリートを狙い、5500円を投入して11回くじを引くことにしたのですが、果たしてその結果は・・・

というわけで細かく書いていたら長くなりすぎるので要約すると、それから4回に刻んで合計10000円を爆買いする中国人のようにつぎ込んでしまいました。
つまり20回もくじを引いたわけですが、10種類の缶バッジがその成果で、すなわちコンプリート達成まではあと1種類でした。
11種類の中で大本命だった缶バッジもすでに手に入れていて、残った1種類は正直そんなに魅力的ではなかったので、キリのいいところで勇気ある撤退をしようかと本当に迷いました。
ところがコンプリート欲の衝動は予想以上に抗しがたく、どうすればいいんだ~と苦悩していると・・・
この時初めて気付いてしまったのですが、
なんとその空間には、ぼくとその店員さんしかいないではありませんか!
時間帯が良かったのか、雨が降っていたことも幸いしたのか、他にはお客さんも店員さんもいない、ちょっとした貸し切り状態でした。
ぼくがここまでに10000円という大金を投資し、コンプリートまであと1種類の状況ということは当然に彼も知っていたので、
「結構お金も払ったんだし、最後の1種類、500円で売ってくれない?」
と一か八かでお願いしてみることにしました。
すると彼は眉間に皺を寄せ、
「いや~それはできないんですよ、皆さんに平等にさせてもらってるんで・・・」
と残念ながら却下されました、が・・・
「そこをなんとか」
「いや~」
「お願いしますっ」
と粘りに粘り続けた結果ついに、
「分かりました、出血大サービスです」
という発言が彼の口から飛び出したのです。
「え?本当?ありがとうございます」
「もう・・・お客さんだけですよ」
「かたじけないっ」
思わずこぼれそうになる笑みを必死で我慢しながら、次の彼の言葉を今か今かと待ちわびていましたが、その口から飛び出してきたのは次のような衝撃的内容でした・・・
「お客さんの欲しい商品は『い』のくじです、頑張って下さい!」
ん~
頑張り方がよく分かんないっす・・・
あれ?
この感覚、どこかで味わったような・・・
そういえば開院を考え始めた頃、とあるポンコツの先輩から
「開業を考えてるんだったら、成功する秘訣を教えようか?」
と言われて驚いた記憶が蘇ってきました。
「え!?ぜひ教えて下さい」
「うん、それはね、マスコミとパイプを作ることなんだよ。そうするといろんなメディアで取り上げてくれるから、ものすごく宣伝になるんだ」
「なるほど!で、その肝心のマスコミとのパイプの作り方はどうするんですか?」
「うん、それはね、自分で頑張って」
ん~
やっぱり頑張り方がよく分かんないっす・・・
時間軸的にはこっちのエピソードの方が先なのでやっぱりはおかしいけど、とにかくよく分かんないっす。
そんなわけで他人は当てにせず、最後は自分を信じてやるしかないってことですかね?
とりあえずクリニックの方は自分なりに頑張って、一応はそれなりに納得のいく形になってきていると自負しています。
そしてくじの方も、そんな気持ちでこれまでよりはちょっとだけ無欲にもう1回引いてみたら、見事に『い』が当たってラストの1種類を手に入れることができました。
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ