岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

鉄道の日に思い出した、神様のこと

2013年10月22日

鉄道好きの友人は、プロ野球・埼玉西武ライオンズの熱いファンです。
彼は香川の人で、香川で西武ファンというのは少数派だと思います。なぜに彼が西武を応援するに至ったのかを紹介しておくと、彼がプロ野球で好きなチームを決めるにあたり、親会社が鉄道会社のチームを応援したいと考えたのは当然のことでした。
この辺りで鉄道系のチームといえば阪神タイガースが有名ですが、彼の父親が大の巨人ファンであったため阪神ファンになる道はなく、西武鉄道を親会社に持つ西武のファンになったそうです。そんな彼の応援する西武は今年、よりによって「鉄道の日」にクライマックスシリーズで敗れて今シーズンが終わってしまいました。
誕生日が命日になる確率は他の日よりも約14%高いらしいので、案外そんなものなのかもしれません。この知識は、
「坂本龍馬は誕生日と命日が同じなんだぜ」
と言われた時のウンチク返しとしても使えますが、やりすぎてその日が命日にならないようご注意下さい。
ちなみに当院では、「鉄道の日」にクリニックの大掃除をダスキンに依頼してやってもらいました。「まくらぎ」だけにこの日を狙ったのではなく、雨天順延があったりしただけで、たまたまです。松山ケンイチと松山英樹が似ているように、本当にたまたまです。普段は主にルンバとダスキンを使って自分たちで掃除をしていますが、やっぱりプロにやってもらうと違うような気がするから不思議です。暦の上で1年が経ち、クリニックのハード(建物)もソフト(人)も新たな決意で取り組んでいきたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いします。

医師になって最初に友人になったKという同期の医師と、連絡が取れなくなってもう5年以上になります。風のたよりでは東京にいるという彼は、おそらくぼくの開院のことは知らないと思います。いつの日か彼に知られた時に、恥ずかしくないクリニックでありたい!というのは、ささやかな目標の1つです。
そんな彼と約10年前、東京から大阪へ新幹線で移動した時のことを思い出しました。
ぼくらが指定席に行くと-それは3列シートの窓側からの2席でしたが-、おっさんが横になって寝ていました。ビッグイシューでも売っていそうな、お世辞にも清潔とは言えない身なりで、おまけにアルコールも入っているようでした。ぼくはとても腹が立ってしまい、おっさんを起こして追い出しましたが、それでもまだ納得しきれず、
「あれはひどいな~」
とボヤいていたところ・・・
「まあまあ、あんなのが意外に神様かもしれないしな」
とKがぼくをなだめてくれました。
その一言はぼくの気持ちをやわらかく解きほぐしてくれ、
「たしかに、『20世紀少年』の神様とかあんな感じだったし」
と妙に納得してしまいました。
その後、大阪へと向かう新幹線でビールを飲み、酔っぱらって大いびきをかいて眠り始めたKが、少しだけ神様に見えたのはご愛敬ということで・・・
いつかきっと、Kと語り合える日がまた来ますように!
どうか神様、よろしくお願いいたします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ