岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

Fan

2017年08月17日

少し前にB’zの津山凱旋ライブに参加したことを書いてしまった以上(「ビギナーズ・ラック)」、なんらかのレスポンスがあることは覚悟していたのですが・・・
まさに灯台もと暗しといった感じで、とても身近に熱心なファンの方がいた事実が発覚したので、少年時代にファミコンの「ポートピア連続殺人事件」というゲームで相棒のヤスが犯人だったことを思い出してしまいました。
その人からはライブの感想をいろいろと訊かれましたが、何度たずねられても結局は同じ返答を繰り返すことしかできませんでした・・・
とにかく、とにかく暑かった、それに尽きると。
ただ会話だとそこが日本語の難しさで、ライブが盛り上がって熱かったと勘違いされがちなのですが、そういう雰囲気とか比喩的なものではなく、熱力学的な意味で温度がとにかく高かったのです。
その暑さたるや泣く子も黙るどころか、泣く子の涙も涙か汗か判別不可能な程の灼熱地獄でした、本当の本当に。
その証拠に稲葉さんも
「これ暑いですよね、皆さん大丈夫ですか?」
とMCで心配されていましたし、ライブ終了後にはあまりの汗で顔面が溶け出している女性の方もちらほら見かけました。
ちなみに入り口で本人確認をしてから会場に入ると、ごんご祭り(津山で開催されるカッパの祭りで、ごんごとはカッパのことです)のウチワが置いてあったので、物珍しさから手に取って座席に着いたのですが、想定外の暑さにウチワにはずっと頼りっ放しでした。
実はこの時のぼくはまだ知る由もなかったのですが、ジャニーズなどのライブでは暑さをしのぐためではなく、応援グッズとしてメッセージなどを書いたウチワが使われることも盛んならしく、その場合の基本的なマナーでは胸より高い位置に上げてはいけないのだとか・・・
ん!?
ってことは・・・
振り返ってみると平気で顔の高さでウチワをフル稼働させていたので、周囲の熱いファンの方々からは批判的な目で見られていたのかと思うと、今頃になって急にゾーッと寒気がしてきました、ブルブル。
なおこの話には後日談があり、ちょうどライブの一週間後に友人と食事に行きました。
店に入ってしばらく経って気付いたのですが、なんとその店、真夏にもかかわらず冷房がほとんど効いていないという信じられない有様でした。
最初はなにかの間違いかとも考えましたが、テーブルの上にご丁寧にセンスが置いてあるのを発見した時、疑いは確信に変わりました。
それからはビールをかなり飲んでも発汗のためにトイレに行かなくても平気な程の暑さで、友人はかなりヘロヘロになってしまっていましたが、一方ぼくはB’zライブで鍛えられたおかげで全然に余裕シャクシャクでいわゆる左ウチワ状態でした。
あとこれは余談も余談ですが、ウチワもファンも英語では同じfanという単語です。
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ