岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

前から駐車の謎

2015年03月31日

ぼくは駐車場に車をとめる時には、基本的にはバックで入れるようにしています。理由は出やすいことに尽きますが、ざーっと駐車場を見渡すと前から突っ込んでいる車が必ず何台かはあるものです。
これはやっぱり・・・
もれそうだったから、ということで正解なんですよね?
たしかにそれなら、納得です。今が出やすくなっていて大ピンチって時に、後の出やすさを優先させるなんてあり得ません。昔の人はうまいことを言いました、”背に腹はかえられない”と。ただ、もれそうなので車を飛ばしている時に警察に捕まってしまって間に合わなかったら、あの人たちは責任を取ってくれるのでしょうか?そう考えると駐車場で前から突っ込んでいる車は、警察のために大惨事になることは免れ無事にたどり着いたということなので、
「よかったね、でもここからが本当の勝負なんだけど間に合ったかな?」
とここまでの苦労をねぎらい、そしてどうなったのかを案じてしまいます。実際にはたとえばアメリカではほとんどが前からの駐車で、バックで駐車なんてしたことがないという人も結構いるようです。一方、日本ではバック駐車が主流だと思います。つまりアメリカ人は入る時の方が楽であることを好む傾向があり、日本人は逆に出る時の方が楽であることを好む傾向があるようです。
そしてこれは、それぞれの国の大学の特性にも当てはまるような気がします。
アメリカの大学では卒業の方が大変で、日本の大学では入学の方が大変ということでよく比較されますが、ぼくは日本の大学を出ただけなので実際のところは正直よく分かりません。もっとも日本の大学生の多くはあまり勉強していないため、卒業もそれなりに苦労はしていると思います。
その点、入るのも出るのも楽だったといえば、車の教習所です。そこでぼくはバック駐車を教わったのですが、担当の先生は中年のおっさんで知り合いの女性から紹介してもらいました。彼女からは「予約しないで行っても、入っている予約をキャンセルして教えてくれるいい先生だよ」と勧められて担当の先生になってもらったのですが、ぼくはその入っている予約を急遽キャンセルされる側の生徒でした・・・
前言訂正、やっぱりどこでもそれなりに苦労はするのが人生のようです。
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ