岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

ジェネレーションギャップ

2020年06月30日

大学生の若者と話していると、
「時間もあるんで、バイトでもしようと思うんですよ」
と教えてくれたため、
「なるほど、で、どんなバイトを考えているの?」
と訊いてみたところ、
「ストリートダンスをやっているんで、オンラインでレッスンでもしようかと」
という想定外の返事に、自分の中のバイト観が音を立てて崩壊していくかのような、凄まじい衝撃を受けてしまいました。
・・・これが令和のバイトってやつですか。
フリーペーパーの伝言板に、「迷子になった犬を探してます」とか「自転車がいらなくなったから、取りに来てくれる人にゆずります」といった内容に紛れて、「家庭教師やります」など出してバイトを探していた昭和生まれとは隔世の感があり過ぎ、SFの世界の話みたいに感じられました。
なお昔は瓶のカルピスを自分で作って飲むと、口の中に謎の白い物体が残ってしまう唾液の体質だったのですが、いつしか気付けば白い塊はできなくなっていました。
その理由は、てっきり少年から大人になったからかな?と推察していたのですが、実は単に成分が改良されただけだったらしく、最近の若者にはカルピスの白い塊なんて話しても、きっと信じてもらえないに違いありません。
自分の家なら洗面所に行き、
「ぷえっ!」
と気ままに吐き出したい放題でしたが、よその家でカルピスを飲む場合には、この痰といっても過言ではない白いカスの処遇に本当に悩んだものでした。
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ