岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

鳥人

2015年04月28日

わざわざここで発表することではないのかもしれませんが、ぼくには不憫で仕方がない男がいます。
その男について話す前に、まずはこれを見ていただきましょう。

46fa5daf

これはガンダムに出てくる大型機動兵器で、登場した当初は『エルメス』という名称でした。
ところが、ある大人の事情から『ララァ・スン専用モビルアーマー』という名称に変更になってしまいました。
そして、本題のこの男です。

6258_09

彼はパーマンという作品のキャラクターなのですが、初期には『スーパーマン』という名称でした。
ところが、ここでもある大人の事情から『バードマン』という名称に変更になってしまいました。
というか、個人的にはバードマンしか知らない世代なのですが、彼はそんな名前にまつわる哀しい歴史などをこちらに特に意識させることもなく、本当によく頑張っていたと思います。
しかし・・・ここに来て再び、大人の事情が彼を襲おうとしているようなのです。

640x320xf23f2bfb2d2bbff4631fec84

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』が、アカデミー賞で作品賞を含めて4部門を受賞してしまいました。
ん~彼が再び改名しなくてはならないとしたら、まったく気の毒としか言いようがありません。
ただ、もし新たにまた名前をつけるのであれば、今度こそ大人の事情の入る余地のない名前にするしかないでしょう。いささか微力ではありますが、お役に立てればという一心から、ぼくも新しい名前を考えてみたいと思います。今後おそらくかぶりそうになくて、彼のイメージにぴったりの名前といったら・・・
『化け物アゴ男』とかいいんじゃないでしょうか?
たぶん、あの人は大人の事情なんて野暮なことは言わないと思いますから。というか、TOSHIからToshil(5文字目は大文字のIではなく、小文字のl)に表記を変更するような人に文句を言う資格などありません。
いや~実は子どもの頃からバードマンのアゴ、気になって仕方ありませんでした。でも、そんなバードマンに朗報が!

ago_02

なんとこれは、アゴが落ちるほど美味しいという『あごおToshil』ではなく『あごおとし』という辛子明太子になります。なぜにほっぺじゃなくアゴなのかはよく分かりませんが・・・
それはともかくバードマンの由来は鳥人なのですが、ぼくが実際に出会った鳥人について紹介して終わりにしたいと思います。
彼と出会ったのは11月のある日で、秋から冬へと季節のうつろいを感じさせる、ちょっとだけ肌寒い昼下がりのことでした。ある行列に並んでいる時に前後になったのが縁で話し始めたのですが、彼の口癖が
「わっ、鳥肌が立ってきました!」
だったのです。
「へ~」の相槌ぐらいの感覚で鳥肌が立ったを連発する彼だったのですが、服装は上着も着ないでペラペラの生地の七分袖のシャツだけだったので、
「鳥肌が立つのって、単に寒いだけじゃないですか?」
と思い切って指摘してみました。すると彼は苦笑いをしながらぼくの後ろを指差し、見るとそこには有名な若手俳優が口を開けてこちらを見ている写真を使った広告があり、
「たしかにそうですね、ほら○○君もお前寒いんだろって言ってますよ」
な~んてかましてくれたので、こっちまで鳥肌が立ってきてしまいました。
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ