岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

生ゆでたまご

2017年01月17日

何年か前から寒くなると指が乾燥するようになり、ハンドクリームが手放せなくなってしまいました。
しかも年々その時期が早くなってきているので、残念ながら指の乾燥で冬の訪れに気付くことも珍しくありません。
ところでこのハンドクリーム、どこかに持って出かけるたびに忘れて帰ることがとても多く、しかしないと困るのでまた新しいのを買って・・・ということを繰り返していると、この前そんな風にして買い直してきたハンドクリームをかき集めたら6個も出てきてしまい、
「これじゃまるで、アシュラマンじゃないか!?」
と思わず自分で自分にツッコんでしまいました。
というわけでちょうど「キン肉マン」の話題になったところで、先日作者であるゆでたまご氏が来岡しトークショーが催されたので参加してきました。
ご存知の方も多いかもしれませんがゆでたまご氏は原作を手掛ける嶋田氏と作画を担当する中井氏のペンネームで、今回来られたのは嶋田氏の方だけでした。
ぼくがキン肉マンに夢中になっていたのは小学生の頃でしたが、大人になってからもキン肉マンにはずいぶん助けられたものです。
鳥取県米子市での暮らしを始めてから最初の大雪の時、朝出かけようと思うと駐車場の車がすっぽり雪で覆われていて途方に暮れてしまいました。
雪のほとんど降らない岡山にずっと住んでいたので、雪かきの道具を買っておくという発想はかけらもなく、そんな時ぼくを救ってくれたのはそうこの人・・・、

キン肉マンに登場するブロッケンJrでした!
彼の必殺技「ベルリンの赤い雨」を思い出して手刀を繰り出しては雪をはらい、見事に車の雪かきに成功することができました。
ちなみにキン肉マンで一番好きだったキャラクターは、キン肉マンソルジャーの正体だったキン肉アタルで、彼はこの作品の主人公キン肉マンことキン肉スグルの兄であり、漢字でたとえるなら『男』というよりも『漢(おとこ)』といった感じでまさに男の中の男の、実にカッコイイ超人でした。

だまらんかスグル

この「だまらんかースグル!男というものはあまりしゃべるものではない!!両の眼で静かに結果だけを見ていればよいのだ!!」がおそらく最も有名で、アタルの代名詞にもなっている名ゼリフと思われますが、なぜか当時のぼくは

アタル

こっちの「おまえに兄貴呼ばわりされる覚えはない!!」というセリフの方により強い感銘を受けていました。
このセリフを言いたくて言いたくてウズウズしていたのですが、ぼくには弟もおらず、キャラ的にも阪神の金本監督のようなアニキ体質でもなかったため、兄貴と呼ばれるチャンスはなかなかありませんでした。
そこで近所の下級生を集めて
「ぼくのことは今度からは兄貴と呼ぶように」
と命令し、実際に彼らから
「兄貴」
と呼ばれるとニヤリとほくそ笑み、
「おまえに兄貴呼ばわりされる覚えはない!!」
と満を持して言い放っていたものでした・・・
さて話をそのイベントに戻すと、始まるまでの間に会場を見渡していると、どこかで見たような雰囲気の人がいるのに気付いてしまいました。
えーっと誰だっけ?と記憶の中を検索していると、小学校から高校までの同級生で現在は男性更年期障害で男性ホルモン補充療法中のEという男の兄貴に似ているような気がしました。
しかしEの兄貴に最後に会ったのはぼくが中学生の頃だったので、その当時のイメージに近いというだけで決めつけるのはちょっと厳しい状況でした。
声をかけようかどうしようかと迷っているとゆでたまご氏、すなわち嶋田氏が登場してイベントが始まったのですが、氏は格闘家の方に知り合いが多いみたいで、
「今日は有名な格闘家の方も来られてますね、あそこにいらっしゃるのは藤井惠選手と旦那さんの佐々木信治選手ですね」
と紹介していたので嶋田氏の見ている方に目を向けると、そこにいたカップルの男性の方は先程まで気になっていたまさにその男性だったので、声をかけなくて正解だったとホッと胸をなで下ろしました。
「すみません、ひょっとしてEの兄貴ですか?」
なんて万が一たずねていたら
「おまえに兄貴呼ばわりされる覚えはない!!」
と一喝されていたかもしれません。
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ