岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

安全について

2015年09月27日

はじめから分かりきっていたことですが、安全保障関連法案が成立してしまいました。
こんな時だからこそ、改めて「安全」という言葉について考えてみると、実は少年時代に通っていたスイミングスクールが「安全スイミングスクール」という名前であったことを思い出しました。
ではそこが堂々と「安全」を謳える程に安全だったのか?というと、決してそんなことはありませんでした。
たとえば月に1回の進級テストの日は、進級テストが終わると残りはフリータイムとなり、プールで好き勝手に遊ぶことが許されていました。当時は子どもだったので無邪気にわーいなんて喜んでいたものですが、今になって冷静に考えてみると単なるコーチの手抜きだったような気がしないでもありません。
ちなみにフリータイムで定番の遊びになっていたのは、女子が浮島と呼ばれる大きなビート板みたいなものに乗り、イカダのようにして遊んでいるところを、下から男子が襲いかかるという実にハレンチなものでした。
いや~しかし、あれは本当に楽しかったです。
ぼくらが浮島にしがみついて上がろうとすると、上から女の子にビート板で殴られたり生脚で蹴られたり、でも時には逆襲して浮島ごとひっくり返してやったり・・・経験はありませんが芸者さんと遊ぶよりも、おそらくあの時の方が楽しかったのではないかと思います。もしも願いが叶うとしたら、2泊3日ぐらいならまた戻って、あんな風に遊んでみたい程です。
それはともかく、あるテストの後のフリータイムのことでした。
ビート板や水球用のボールなどがある棚のとなりのテーブルの上に、よく担当のコーチ(残念ながら♂でした)が使っている黄色いメガホンが置いてありました。ふとそれを使ってみたくなったので持ち上げて手にしていたところ、反対側にこちらからは見えないようにこっそりと
『勝手に使ったヤツ殺す』
と太い黒マジックで書いてあるのを発見してしまいました!
うげっと思い、慌てて元に戻そうとした時、背後に何者かの殺気が・・・
「お前、使ったな」
という聞き覚えのある声がしたので振り返ってみると、予想どおり担当のコーチが仁王立ちしていました。そこからはボコられた挙句、さらに水中でプロレス技をかけられるという地獄の展開となり、
・・・どこが安全なんだよ?と水中で『キン肉マン』のロビンのように技を決められながら、子どもながらにツッコんでいたのを思い出します。

robin mask

その時のイメージ映像は、ぼくの記憶ではこんな感じですね。
ただその担当のコーチは、こんな半魚人のバケモノみたいなのではなく(いちおう彼の名前は、アトランティスという超人です)、おぼろげな印象だとお笑い芸人のブラックマヨネーズの小杉氏にやや似ていたので、上のイメージ映像で顔だけ脳内で小杉氏に入れかえてもらえると助かります。
それから、ある時期スイミングスクールには送迎バスで通っていたのですが、練習が終わるとたびたびそのコーチから、
「おう、車で送ってやるぞ」
と声をかけられていました。
その頃は純粋にコーチが嫌いだったのと、せっかく親にバス代を出してもらっているんだし、ということで断り続けていました。しかし、昨今の少年が巻き込まれる事件などを見聞していると、もしあの時、彼の車に乗っていたらと思うとゾッとしてきます。
・・・まったく、どこが安全なんだよ?と「泳ぐ時には、お尻の穴をキュッと締めるように」という彼のアドバイスを思い出しながら、オッサンながらに今さらツッコんでおきます。
ハレンチな浮島での攻防への2泊3日の時間旅行はとても魅力的ですが、やはりあの頃には戻らない方が安全のようです。
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ