岡山県倉敷市阿知1-8-10 武部不動産ビル2F 倉敷 駅のほとりの心療内科 まくらぎクリニック

クリニックブログ

アルコールの魔力

2020年09月30日

お恥ずかしながらアルコール依存症の治療実績は乏しいのですが、いかにアルコール依存症を克服することが難しいのかを、数少ない経験の中から自分なりに書いてみたいと思います。
最近ではアルコール依存症の治療薬というのも登場しているのですが、前述のとおりアルコール依存症の患者さんを診る機会があまりなく、個人的には処方したことがありませんでした。
そんな中である女性の患者さんがその薬の存在を知ったらしく、
「アルコール依存症の薬を出して下さい。このままお酒を飲み続けると、人生が終わってしまいます」
と強くお願いされてしまいました。
たしかにその方は飲酒量が多く、またやっかいな問題もいろいろと生じているようでした。
そこで薬を処方し、次回の受診の際にその結果を訊いたところ、
「先生、薬が効きました!お酒を飲みたいと思わなくなりました!」
との感想で、正直あまり期待していなかったこともあり、その効果てきめんぶりに驚きました。
「よかったですね!」
「はい!ただ・・・」
「ただ?」
「結局、お酒は飲んでいます」
なんだそりゃ、と思わずコケそうになりながら、飲酒欲求はなくなっても習慣としてやめることを許さない、依存性物質としてのアルコールの恐さを改めて実感させらされた経験でした。
ちなみにぼくはもっぱら機会飲酒派なのですが、どこで仕入れた情報なのか、英語ではチャンス・ドリンカー=chance drinkerとずっと勘違いしていました。
実際の英語ではソーシャル・ドリンカー=social drinkerと最近知ったものの、なんとなくチャンス・ドリンカーの方が、夢とロマンに満ち溢れているような響きで好きだったのでとても残念です。
今後ともよろしくお願いします。

一覧へもどる

MENU

クリニック概要

まくらぎクリニック外観

まくらぎクリニック

〒710-0055
岡山県倉敷市阿知1-8-10
武部不動産ビル2F
TEL:086-441-5020
FAX:086-441-5021
※予約制

診療日カレンダー

月別アーカイブ